動体療法

動体療法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dsc_8769

動体療法(どうたいりょうほう)とは、動かすと出る痛みをその場で消失、軽減できる療法です。

この動体療法は、カイロプラクターであり、キネシオロジストでもある大島正樹氏(動体療法学会会長)によって創始されました。
カイロプラクターとは、カイロプラクティックという”手で行う技”を行う施術者のことを指します。そしてこのカイロプラクティックの分野から派生したものの1つに、アプライドキネシオロジー(応用運動機能学)というものがあります。このアプライドキネシオロジーを行う人が”キネシオロジスト”と呼ばれています。
このアプライドキネシオロジーの《筋肉反射テスト》と呼ばれるテストを用いて、人体に無理がなくソフトで安全・安心の療法として体系づけられたのが動体療法です。

動体療法が他の手技療法と比べて何が違うのか。
他の手技療法は、ほとんどがベッドの上にうつ伏せ寝(静)の状態で施術を行っています。
けれども動体療法の場合は、単純なうつ伏せ寝の状態での施術は、あまり行いません。文字通り体を動かしながら施術を行います。
あお向け寝だったり、横向き寝だったり、またはイスに座った状態で施術をしたり、時には立ったままの状態で、動作を伴いながら、施術を行っていきます。そのためどんな動きの時に痛みが出たりするかが明確になります。

このように、単純にベッドでうつ伏せ寝の状態以外の、多種多様な状態で施術が出来るのが動体療法の特徴であり魅力でもあります。
座ってる時や横になってる時は痛くないけれども、起き上がる時に痛い、車から降りる時に痛い、膝を曲げる時に痛い、腕を上げると痛い、横を向くと痛いなどの日常生活のさまざまな状況の中での動きに対応が出来ます。
日々の動きを軽くし、快適にしていくのがこの動体療法なのです。

現在、動体療法は日本はもちろん海外でも大変注目される療法となっています。
動体療法ドイツ本部でも、ドイツで活躍する日本人・日本のサッカー選手達が多数施術を受けています。肩や腰の不具合のみならず、捻挫後遺症や首の痛みにも高い効果が出ています。
世界のトップレベルの格闘家・スポーツ選手達も、様々な国で動体療法の施術を受けて活躍しています。
動体療法は、日本から世界へ発信されたすばらしい手技なのです。

※動体療法は特許庁登録商標第5029539号です
認定証.jpghonn.jpg

栃木県宇都宮市の整体院 ここあん 心庵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここあんへのご予約

ここあんへのご予約はお電話やインターネットで受け付けております!

こちらからお電話

028-678-3152

をいただくか
下のご予約ページからお時間をご確認後ご予約ください♪

ご予約はこちらから